VimConf 2018と私

2018/11/24(土)、VimConf 2018に行ってきました。

VimConf 2018

最初に2行で自己紹介をしておくと、ぼくは先月まではこういうことをやっていて、
note103.hatenablog.com

今月からはこういうことをしています。
note103.hatenablog.com

1行で言い換えると、非エンジニアの元・フリー編集者&現・IT企業のカスタマーサポートです。

では本題です。

本編

会場は秋葉原アキバホールというところで、スタートは10時だったので家を出たのは8時半ぐらい。秋葉原駅には予定どおり9時半過ぎに着いて、事前に地図で確認したところでは5分程度で会場に着く予定だったものの、普段あまり使わない駅なのとiPhone6sのGoogleマップが重くてかえって道に迷うことに・・。

その後、なんとか会場付近まで来てからも似たようなビルが多くて、どこを向いても「アキバホール」の文字が見つからず、また土曜のオフィス街ということもあってか全然人影がなく、普通ならそのあたりにフラフラしていそうな参加者っぽい人たちも見当たらないので、「もしかして、まったく別の場所にいるのかも・・?」とかなり不安になりましたが、あんまり時間もなかったのでGoogleマップはもう無視してカンでそれっぽいビルに入ったら正解でようやく受付を発見。

ノベルティ&Tシャツを受け取って開演10分前ぐらいに会場に入ったら階段状の客席にはワーッと人がいて、さっきまでの外の静けさとは好対照。皆さんもっと早い時間からいらしてたんですね・・30分早く来ていれば迷わなかったのかも。遅刻した人も少ない印象でした。

客席脇の廊下スペースにはタリーズのコーヒー&紅茶が完備されていて、そんなの想像もしていなかったのでサプライズ&堪能しました。

そしてオープニング、いきなり全編英語でまたびっくり。この英語主体の進行は最後まで続いて、すごく新鮮であるとともに嬉しい感じもしましたね。ああ、世界につながった場所にいるんだな、しかも当たり前にそうなんだな、と。日本のカンファレンスに海外ゲストを呼んでいるのではなくて、国際カンファレンスを日本でやってるんだな、と。

キーノート

mattnさん

最初のキーノートはmattnさんで、vim-jpの紹介を中心にVimの前提的・全般的なことから将来的・技術的なことまで。ある意味で、この後のBramさんとこのmattnさんのトークが全編を通して一番ビギナー向けというか、どのレベルのユーザーにとっても身近に感じられるバランスの良い内容だったように思いました。

vim-jpがどういう歩みを辿っていて、今はどういう働きをしていて、それに対してぼくらユーザーはどう関わっていけるのか、ということは今までも「調べればわかる」状態だったかもしれないですが、この発表を見てスイスイ理解できたようで、ぼくにとってはこちらと午後イチのdaisuzuさんの発表が今回のカンファレンスで自分にぴったりフィットしたなという印象でした。

Bramさん

続いてBramさんのキーノート。Bramさんは以前にYouTubeで見た講演の動画で、聞きやすい英語を喋っている印象があったので、

www.youtube.com

そのまま聞くか、翻訳レシーバーを使うか一瞬迷いましたが、きちんと意味を拾うことを優先してレシーバーで聞きました。通訳さん、とてもいい感じでしたね。正直、専門的な部分については把握しきれなかったですが、とはいえまったく追いきれないというほどでもなく、長さ的にも聞いていて全然疲れないぐらいですっきり終わって、質疑応答も含めて楽しみました。

その質疑応答、これまでに参加したITカンファレンスだと挙手した人の席までスタッフがマイクを持って走る、みたいな運用が多かったですが、このVimConfでは会場前方まで質問者が来て、列状に並んで順に質問する、みたいになっていてこれも新鮮でした。

この方式なら、質問者は登壇者と近い場所で話せるし、周りとしても質問者があと何人いるのか、とかがわかりやすくていいなと思いました。2階席まであるような大ホールだと難しいかもしれないですが、スタッフのリソースを最小限にできるという意味でもけっこう良いなと。

昼食

その後の昼食では、今半のすき焼き弁当とベジタリアン向けの野菜弁当の2種類が用意されていました。野菜弁当にもかなり惹かれましたが、今半のすき焼き弁当なんて次にいつ食べられるかわからないので、そちらに。もしかしたらチケット代の大半はこれに行ったのではと思うほど贅沢な内容でしたね。ぼくは普段は少食なので、お弁当ってけっこう残すことが多いのですが*1、今回は完食しました。

午後

daisuzuさん

午後イチは上にもちらっと書いたdaisuzuさんの "Migrating plugins to standard features."

https://vimconf.org/2018/sessions/#link-daisuzu

膨大なプラグインとともにあったVim環境から、最小限のプラグインと最大限の標準機能を活かした新たなVim環境への移行の試み、といった感じでしょうか。これはすごく共感できる指向というか、結局プラグインって増やすのも減らすのも効率化を追求するという意味では同じというか、しかし減らす方ではさらにそこに「標準機能縛り」みたいなある種のゲーム性が加わって面白そうだなあ、と思いました。とくに、Ctrl+xを用いたキー操作はあまり(というかタイプミスのとき以外は)使ったことがなかったので、そっちの世界にも足を踏み入れてみたい気持ちが高まりました。

Alisueさん

他に個人的にヒットしたものとしては、Alisueさんの "Effective Modern Vim scripting" がありました。

https://vimconf.org/2018/sessions/#link-lambdalisue

わかりやすく3ステップに分けて、ごく初歩的なVim scriptの書き方から非同期で動く本格的なものまでひと息に解説するという内容でしたが、ぼくもVim scriptで自作プラグインを作ることにはすごく興味があって、実際以前にちょっとしたものを作ったことはあったのですが(それはまだブログに書いてなかったのでいずれ・・)、でも普段から実際にVim scriptを書いている人がそういう方法についてまとめてくれることってなかなかナイので(書籍はすごいのがありますが)、これはあらためてじっくり見直しながら、手を動かして試してみたいなと思っています。

とくに、今までvital.vimというプラグインがあること自体は知っていたものの、それが何をやるのか、というのはどうしてもイメージできなかったのですが、この発表を通して「なるほど」という感じでうっすらイメージできた気がするので、次にプラグインを書くときが来たら、vital.vimを使うことがひとつの目標になりそうです。

ちなみに、同じAlisueさんが懇親会で紹介していたfila.vimにもすごく興味を持ちました。

github.com

ぼくは今やっている編集仕事でも趣味のプログラミングでも、Shougoさんのvimfiler.vimを頻用していて、こういったものが無くなるのは本当に困るので、こちらの動向も注視したいなと。

ついでに言うと、今年の3月にYAPC::Okinawaで発表した中の以下のスクリーンショット

f:id:note103:20181125231912p:plain
https://speakerdeck.com/note103/the-non-programmers-programming-techniques?slide=12

この左のサイドバーになっているのがvimfiler.vimですね。さらに付け加えると、そのIDE風の構成はmattnさんの以下のSoftware Design誌の記事を見て真似したものです。(という話もそのスライドの中で触れています)

軽い話

本編最後の発表は、Linda_ppさんでした。導入のところで「もう皆さんお疲れでしょうから、最後は軽い話をしますので。ゆったり聞いてください」みたいなことを言っていたので一瞬気を抜きましたが、それからものすごい速さで深遠かつ先端的な話をなさっていたようで、ふんわり聞いてしまいました。とはいえ、WebAssemblyについては少し前にbuildersconで見た以下の発表で興味の下地はできていたので、

builderscon.io

まったくワケわからん、というほどでもなく。図説なども丁寧に重ねてあったので、こちらもあらためて資料など出たら見直してみたいと思っています。

幸運

会の終了後、じつはというか幸運にもというか、mattnさんがすごく近いところに座っていたので、自作の英語練習ツールでmattnさんのchoを使っていることについて、実際にターミナルで動いているところを見てもらいながら、少しだけ話すことができました。

choはこういったもので、

github.com

それを使ったぼくのはこういったものです。

github.com

このうち、以下の動画の7秒目以降で出てくるセレクタのところでchoを使っています。

www.youtube.com

そして上の方で挙げたIDE風の画面分割についても、mattnさんの記事がすごく参考になった旨を伝えることができました。たぶん懇親会の時間だけだったらここまでいろいろ話すことはできなかったと思うので、座った場所が近かったというのは本当にラッキーだったな〜・・と思っています。

mattnさんはスタッフ業もあってお忙しかったと思いますが、同じモニターを見ながら丁寧に話を聞いてくださって、嬉しかったです。

懇親会

懇親会は同じフロア(5階)の、ホールから少し歩いた別会場で行われました。料理も飲み物もサービスも適度な具合で心地よかったです。これまでにもこうした懇親会には何度か参加してきましたが、この過小でも過大でもないバランスってなかなか実現しづらいというか、どうしても料理が足りなくなったり、逆に多すぎて余ってしまったり、あるいは給仕さんが雑な人だったり・・とコントロールが難しいところが多々あると思うのですが、そういうストレスを全然感じなかったです。

初めの方でスポンサーセッションなどの発表があったのもよかったですね。終始歓談タイムだけだと、ちょっとアイスブレイクしづらかったりすると思いますが、同じものを皆でじーっと見る時間があったことで、イベントが柔らかく始まった印象を持ちました。

しかし今回の懇親会、これはいつもそうと言えばそうなのですが、ぼくには知り合いと言える人が見事にまったくいなくて、ぼくはこれまでもYAPCPerl入学式Perlおよびプログラミング自体の入門者を対象にした無料のプログラミング講座)に何度も参加したり、今年はそれに加えてbuilderscon大江戸Ruby会議にも行ったり、それなりにいろんなコミュニティに顔を出してきたと思うのですが、それでも結局まだまだ知らない人ばっかりなんだな・・と思い知らされました。

daisuzuさん

でも、そこでふと気がついたのは、向こうは知らなくてもこっちは知ってる、と言える相手がけっして少なくないということで、だったらそういう相手に話しかけて、面識を持てばいいじゃないかと思って、さっそく前述のdaisuzuさんを見つけて感想を伝えました。お話ししてみると、思いがけず共通の知人や話題があったり(daisuzuさんの発表ではPerlのコードが出てきたのでその話とか)、ちょうどそのときに一緒にいらっしゃった人たちも交えて楽しく話せたりして、この積極方針は思っていた以上に有益なものでした。

松田明さん

その後、Asakusa.rbの松田明さんを見かけたので、先日の大江戸、超面白かったです!と伝えました。あとはぼくが今月入社した会社ではRailsを使っているので、そういう話も。ちょっとだけ挨拶、のつもりがこちらも思いがけず話題がいくつも浮かんできて、いろいろお話しすることができました。そして来年のRubyKaigi熱も高まりました・・なんとか参加したい!!

rubykaigi.org

Bramさん

それからしばらくの間は、食事やドリンクを頂いてまったりしていましたが、ふと会場の端の方を見ると、Bramさんの周りには思ったより人がいないことがわかりました。何人かと話してはいるものの、とても辿りつけない、というほどではないな・・と。

じつは今回は、Bramさんと話さなきゃ!みたいな気持ちはあまり持っていませんでした。なぜなら、ぼくよりずっとそれに相応しい人が他にたくさんいると思っていましたし、ぼく程度のVim歴で対面したところで、とくにBramさんに提供できる価値もないだろう、と思ったからです。でも、考えてみたら本人と直接話せる機会なんてもう二度とないかもしれないし、一応ぼくも毎日Vimを使って仕事も趣味もやっているし(このブログももちろんVimで書いています)、こうなったら当たって砕けろ、邪魔と思われてもいいから行ってみよう!と勢いをつけて話しかけました。

英語は普段のとおりまったく出てこなかったですが、名前を言ってから「ぼくは編集者で、プログラマーではないですがいつもVimを使っています。日本語の編集という仕事でもVimはとてもヘルプフルです。ぼくはVimでddと打つのが好きです。Vimは行単位や段落単位での作業に向いていて、編集という仕事ではまさにそれが役立つのです。ぼくはあなたにとにかく感謝を伝えたいと思っていました。どうもありがとう」みたいなことを言いました。

このうち、とくに「行単位」とか「段落で作業する」みたいなことはまったく英語の表現が浮かばなかったのですが、すぐそばにいたスピーカーの大倉雅史さんがササッと通訳をしてくれて、Bramさんも「ああ、そうなんだね」とか、「ああ、ddね」みたいな感じでリラックスして聞いてくれたようでした。大倉さんには本当に感謝しています。

暗黒美無王(Shougo)さん

その後、こちらもいつも勝手にお世話になっている暗黒美無王ことShougoさんに話しかけました。Shougoさんの周りにはそれこそ人が途切れなくて、その話も常に盛り上がっているようだったので、どうしようかけっこう迷いましたが、しかしこれもやっぱりなかなか無い機会だから、とその話をちょっと割るような感じで「少しだけ今話してもいいですか」と言うと「もちろん、どうぞどうぞ」という感じでShougoさんもお相手の方も一旦それまでの話を止めてくれて、それからしばらくShougoさんのプラグインをいかに使っているか、助けられているかみたいなことを伝えました。

ぼくはあまりShougoさんのプロダクトの良いユーザーとは言えなくて、というのは最近のものよりも以前に作っていた(現在はアクティブな開発はストップしている)プラグインの方をまだ使っているので、その点についてはご本人の前でアピールしづらい気もしましたが、それでもそうした作品の恩恵を大いに受けていることは確かで、そのことを直接伝えられたのは嬉しいことでした。

kaoriyaさん

懇親会もそろそろ終わりかな、という雰囲気になってきたとき、会場の出口付近にkaoriyaさんがいらっしゃることに気づきました。kaoriyaさんは今回のイベント中、どの段階でもつねにあちらへ、こちらへと走り回っていて、とても話しかけるタイミングはないな・・と思っていましたが、そのときはしん、とした場所で知り合いの方と和やかに喋っていて、今だったら話しやすいかなと思って、声をかけました。

じつはkaoriyaさんとは数ヶ月前のbuildersconの終演直後、フォトブースのコーナーで初めてお会いして、そのときは本当に一瞬でしたが、5年前に書籍『実践Vim』のプレゼント企画で本を送ってもらったことの御礼を伝えていました。

2013年という年は、ぼくにとって「プログラミング元年」みたいな年でした。ぼくはその数年前から「あ〜、プログラミングやりたい、できるようになりたい!」と思いながら、でもどうしても中途半端というか、RubyJavaScriptの入門書を何冊も買ったり、有料のちょっとしたオンライン講座を受けてみたりしたものの長続きしなくて、毎回よくわからないまま自然消滅、ハローワールドってなんなん?何が嬉しいのん?みたいな、やっぱり向いてないわ自分、挫折・・みたいなことの連続だったのが、この年の後半になっていきなりスイッチが入ったというか、継続する方向にモチベーションが切り替わったのでした。

具体的には、この年の9月初旬、前述のPerl入学式に通い始め、同月後半には神奈川で行われたYAPC::Asiaにそれこそ知り合いゼロの状態で飛び込みました。

このPerl入学式およびYAPCへの参加はぼくにとって非常に大きな出来事で、その後にぼくがプログラミングを続けてこられたのは、これらのイベントやコミュニティの人たちがいてくれたおかげだと思っています。

では、なぜそのような勉強会やイベントに、まったく畑違いのぼくが無謀にも飛び込む気になったのかと言えば、その一番のきっかけは上記の『実践Vim』にあったと思います。ぼくはそれまでもVimを何度も試しては「ダメだ、難しすぎる!」と思っていつものように挫折しかけていましたが、なぜかノーマルモードの不思議な魅力には取り憑かれたままで、Vimを諦めることもできず、かといって使うこともできない、という半端な状態を漂っていました。

そんなときにkaoriyaさんの以下のブログを読んで*2

www.kaoriya.net

本当に「何を思って」という感じなのですが、応募したのですよね、プレゼントに。どう考えても想定読者には入っていなかったと思うのですが・・。

しかし結果はなんと、当選。倍率は25%。kaoriyaさんからは、

異業種からの参入であることを重視。どういう視点で見るのかに興味があった。*3

とのこと。いやあ、異業種でよかった・・(笑)。

そして書いたレビューがこちら。

note103.hatenablog.com

この記事は、その後のぼくのプログラミングへの関わり方を大きく左右する分岐点になったと思います。というのは、第一にはこのレビューを書くために同書を必死になって全部読んだこと。どれだけわからない内容が並んでいたとしても、さすがに全ページに目を通せばそれなりに知識は定着するもので、しかもレビューを書かなくてはならないのでとにかく何でも良いから吸収しなければ!という姿勢で読むことになって、もう一旦そういうことをやると不可逆というか、だからこのレビューを書き終えた頃には、それまでの

ダメだ、Vim難しすぎる!もうやめた!

という感じだったのが、

ダメだ、Vim難しすぎる!・・けど、もう少しやってみるか

みたいになっていたと思います。

そして「分岐点」という意味はもうひとつあって、それはその記事に付いたはてなスターが示しています。見て頂けたらおわかりになると思いますが、thincaさんやh_eastさんをはじめとするVim界の人たちがスターを付けてくれて、ブックマークの方にも好意的なコメントをもらいました。

これがもう、すごーーーーく嬉しかったのです。そんなこと、それまで一度もなかったですから。それまでのぼくのブログと言ったら、知り合いか、編集の仕事絡みで見てくれる人はいても、プログラマーの人たちから反応をもらうことなんてまずないし、ましてや好評価をもらうなんてありえないことでした。

それが、このレビュー記事ではそういうプログラマーの人たちから「ウェルカム!」と言われたような感じがして、実際にはその後も技術コミュニティに関わる過程ではそれなりの苦労をするわけですが*4、でもそれにしても、やはりこの記事をきっかけに、本格的なチャレンジを始めたからこそ体験できたことなのだと思います。

この記事を公開した数日後、ぼくは上記のPerl入学式に初めて参加して、

note103.hatenablog.com

その2週間後に初めてYAPCに参加して、

note103.hatenablog.com

気がつけば、今年の春のYAPCにスピーカーとして登壇していました。

yapcjapan.org
30d.jp
note103.hateblo.jp

そして今月からは、これまで続けてきたフリーランスの編集者の活動を収束して、ITの会社に勤めはじめています。

www.velc.co.jp

会社の事業は受託開発と自社サービスが半々ぐらいで、ぼくはその自社サービスのカスタマーサポート*5を担当することになっています(今は絶賛トレーニング中)。プログラミングを生業とするわけではないですが、それでもプログラミングをやってきたからわかること、想像できることは多くて、そういうことに関心がなかったらちょっと対応できなかったな、と思えることがすでにたくさんあります。

今までやってきた編集の仕事もすごくクリエイティブで、とくに世界的に活躍するクリエイターさんたちとの仕事は自分がどこまでも高く引っ張り上げられていくような、ロケットで見知らぬ場所まで飛ばされてしまうような面白みに満ちていましたが、でも一方で、ぼくが理想とするような仕事や生活の環境をそこで作っていくのはなかなか大変で、その意味で今の会社に入れたことは、理想の人生に大きく近づいたということだと思っています。

だいぶ話が広がってしまいましたが(そして一気に戻しますが)、VimConfの懇親会の最後に、会場の出口近くでkaoriyaさんと握手をしながら、あの『実践Vim』がなかったらまだ挫折をくり返していたかもしれないこと、そしてあのレビュー記事が最初の成功体験になって今があるのだということを伝えられて、本当に嬉しかったです。

その後、kaoriyaさんからは以下のようなツイートをしてもらいました。

ありがとうございます!!!

終わりに

帰り道、まだ御礼を言えていないVimmerがたくさんいるな、と思いました。たとえば、会場にはいたはずの(必ずどこかですれ違っていたはずの)thincaさん、それから今回はいらしてなかったかもしれないですが、open-browser.vimやcaw.vimで毎日のようにお世話になっているtyruさん、そしてこちらも毎日めちゃくちゃ使っているVim-EasyMotionのhaya14busaさん、あるいはprevim*6の作者であり、現在は書店向けの先進的なサービス 「リトルスタッフ」の事業に邁進してらっしゃるkannokannoさん。他にもまだまだ、そうやってぼくの方で勝手に知っている人たちがいると思います。

でも、また来年VimConfが開催されたら、そういった方々に会えるチャンスもあるかもしれないですね。そのときまでに、ぼくも何か貢献できるよう、自分なりに準備をしておきたいと思います。

VimConf 2018を実現してくださったスタッフの皆さん、登壇者の皆さん、参加者の皆さん、スポンサーの皆さん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

*1:家や職場のように取っておける場合は後で残りを食べます。

*2:どうしてその記事に行き着いたのかと言うと、たぶん2011年の同ブログで書かれていた「Vim昔話」シリーズがすごく面白くて、それを読み漁るかたわら新着記事も読んでいたのだと思います。同シリーズは本当に名文!

*3:「実践Vim」レビュワー選考結果発表 — KaoriYa

*4:受け入れられなかった、とかではなくて自分自身の固定観念やカルチャーショックを乗り越える大変さ、みたいなものだと思います。

*5:電話や対面によるものではなく、Intercomを利用したチャットサポート。

*6:直近の編集仕事でもめちゃめちゃ使いました。