読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近買った技術書: CとC++

長らく続いたプロジェクトがひと段落し、先週末にようやく髪を切りに行った。前回行ったのはまだ暑い7月か8月で、さすがにどうかという状況だったが、幸いというか何というか、とくに人と会う仕事でもなかったのでずっと放っておいたのだった。その帰り、い…

C言語の航海日誌(5)〜文字列をポインタで渡す〜

前回の知見と繋がりながらもちょっとズレる発見があったのでメモします。note103.hateblo.jpまず前回の復習をしておくと、int型の数値をこんなふうにポインタで渡す、ということをやった場合。 #include <stdio.h> void foo(int *c, int *d) { printf("*c: %d\n", *c)</stdio.h>…

最近のC言語に関するVimシンタックスチェック状況

以下の記事で紹介したC言語のシンタックスチェックの方法について、続報。note103.hateblo.jpその段階では、このように記述していたのだけど。 Plug 'rhysd/vim-clang-format' let g:clang_format#code_style = 'WebKit' let g:clang_format#style_options =…

C言語の航海日誌(4)

参考書の通読や写経も続けていますが、今日はちょっと寄り道というか予習というか、そんな感じでポインタの自習を。たとえば、こんなコードがあったとして。 fruits.c #include <stdio.h> int main(void) { int apple = 3; int lemon = 8; printf("リンゴ: %d\n", app</stdio.h>…

C言語の航海日誌(3)

少し日が空きましたが、写経は少しずつ進めていて、前回から今日までに8本のサンプルコードを写経しました。ページで言うとp101〜157まで。 全340ページなので、もうすぐ半分に辿りつきそうです。写したコードは、たとえば以下。 #include <stdio.h> #include <stdlib.h> int ma</stdlib.h></stdio.h>…

C言語の航海日誌(2)

今日は3点のサンプルコードを写経しました。一つは以下。 #include <stdio.h> #include <stdlib.h> int main(void) { int score[100]; int status; int temp_score; int score_count; int i; /* 配列に値を入力する */ score_count = 0; while (1) { status = scanf("%d", &temp</stdlib.h></stdio.h>…

C言語の航海日誌(1)

以下にも書いたように、 note103.hateblo.jp最近はC言語の学習を進めています。といっても、実際にはそれができるほど気持ちに余裕のある時間というのはなかなか無くて、業務をしなくていい時間があってもついダラダラしてしまいがちだったりするので、ちょ…

C言語、はじめました

去年のAdvent Calendarでもちらっと予告しましたが、note103.hateblo.jpPerlの基礎、Linuxコマンドの基礎などを一周した感じになったので、次なるターゲットとしてC言語の学習を始めています。直近のステイタスとしては、Perlのコードを整形するperltidy と…