読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech系の記事を置く場所

memo

プログラミング関連の記録を時々書くようになって、とくにはPerl入学式的な勉強会みたいなものに参加すると、その予復習やら自習内容やらを書き留めておきたい、ということになって、
でもそれをこれまで書いてきたブログに書くっていうのもなんだか、基本的に読む人が違うというか、同じ1本のブログに書くのもちょっと違うだろう、と思い、それならlivedoor Blogが少し前に好きなドメインとっていいよキャンペーン、じゃないけどそういう何かをやって、そのときに自分のIDのも取ってみたので、そこでやればいいか、と思っていたのだが、
はてブロとかはてダに比べるとやや更新までの作業にストレスがあるというか、ちょっとそれも違うなあ、という感じになり、それで今どう考えているかというと、大したことない思いつき的な下地的な内容ははてブロ、ある程度まとまった内容で誰かに見せてもまあ構わないだろう、みたいなことならメインのはてダ、みたいなことになりつつある。
つまり話題の種類によって分けるのではなく、クオリティというか多少なり誰かの役に立つかどうかみたいな基準で分ける感じになっている。

そうなると、最初の懸念であった、話題の種類と読者のコンフリクトの問題をなんら解決していないようではあるが、アウトプットへの労力のかかり方、という観点からするとこの分かれ方のほうが妥当であるように思われ、またアウトプットへの労力のかかり方、というのはそれなりに、もしかするとかなり重視しなければならない何かなのではないか、とも思いつつある。